teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


りんこさんへ

 投稿者:TOMATO  投稿日:2014年 3月 5日(水)20時10分14秒
  こんにちは。パリはこのところ、「3雨1晴」といった風で、今日は朝からとても良いお天気で、割とあちこちに植わっている寒桜を普通の桜と見まがいそうな、「春到来」の雰囲気です。
朝一番は見事な青空でしたが、正午を迎えた空には、青空を背景に少し雲が泳いでいます。
インフルエンザは年ごとに症状が異なるので、なかなか限定しにくいですよね。
私は比較的丈夫なタチなので、「ナントカは風を引かない」街道まっしぐらですが・・・ ちょっと前にラジオで聞いた話では、メトロ等の公共交通機関を頻繁に使う人ほど、抗体ができるのだとか。
でも、大体の人は(学生で、同級生からうつされるということは多いでしょうが)、そういうところで感染しがちなんですよね。
説は諸々、季節の食材を信じて、ミカンやオレンジのヴィタミンC頼りでしのげたら良いのだけれど。
どうぞお大事に。お風邪のところ、お越し頂いてありがとうございます。

http://www.franco-japonais.com/tomato/

 
 

三寒四温

 投稿者:りんこ  投稿日:2014年 3月 4日(火)18時42分48秒
  マダムTOMATO様
お返事ありがとうございます。パリはずいぶん暖かいのですね!
私は週末に頭痛と熱っぽさを感じ、ゆっくりしていたのですが、
週明けに念のため通院したところインフルエンザに感染していた
ことが判りました。最近は1-2年に1度の頻度でインフルエンザに罹るのですが
今回は自覚症状が強くなかったのでまさかインフルとは・・と
我ながら驚いています。

こうしてまたマダムと交流ができること、心より嬉しく思います。
サイトの更新も楽しみにしております。

 

りんこさんへ

 投稿者:TOMATO  投稿日:2014年 3月 4日(火)05時43分32秒
  こんにちは、りんこさん。
お久しぶりです。そちらはお元気でしたでしょうか。
今年のパリは1世紀ぶりだかの異様な暖冬で、ヒョウなのかアラレなのかは天候不順で幾度か目にしましたが、雪はひとひらも見かけず、どうやらこのまま春へと突っ走りそうです。

http://www.franco-japonais.com/tomato/

 

お元気そうで何よりです

 投稿者:りんこ  投稿日:2014年 3月 1日(土)08時13分36秒
  Madamトマト様

大変ご無沙汰しておりますが、お元気そうで何よりです。
私自身2月は業務が立て込んでおり、ふと気が付いたら
もう3月・・。東京の寒さもだいぶ和らいできました。
これからは花粉との闘いです。

パリはまだ寒いでしょうか。マダムは日々お忙しいでしょうから
外気の寒さに負けずお風邪などお召しにならずに春をお迎えください。
 

コロさんへ

 投稿者:TOMATO  投稿日:2014年 1月 2日(木)23時10分13秒
  こんにちは。そして、明けましておめでとうございます。
ありがとうございます。
再度着手したいしたいと思いつつも、忙しさにあっさり負けていたところ、再び腕まくりした多々あるきっかけのひとつは、皆さんからの暖かい励まし+ご催促もあったので、今もお越し頂いていると知るのは本当に嬉しいです。
有難うございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

http://www.franco-japonais.com/tomato/

 

(無題)

 投稿者:コロ  投稿日:2013年12月31日(火)19時11分47秒
  マダムTOMATOさん!お待ちしておりました!TOMATOさんのセンスの良いウェブと美味しいレシピは本当に大好きです。  

お返事その3(着順に)

 投稿者:TOMATO  投稿日:2013年12月29日(日)22時34分2秒
  お返事その3(着順に)

●千恵子 さんへ
お久しぶりです。 またお越しくださって、ありがとうございます。
忘れられてしまっていても仕方ないのに。 嬉しいです。
サイト自体は残してあるのですが、確かに「運営」という積極性を欠いておりました。
この暮れに少し時間ができたこともあり、姿勢を正して、細々ながらもまた着手するつもりでおります。

●K.Y. さんへ
スベリヒユ、フランスではBIO栽培の野菜として、とても細々ながらも一応「ちょびっと定着」しています。
川原の草地などに行くといくらでも見つかるんですけどね。
ワイルドな青臭さがお口に合えば、フレッシュな夏向きの美味しいサラダになりますよ。

http://www.franco-japonais.com/tomato/

 

お返事その2(着順に)

 投稿者:TOMATO  投稿日:2013年12月29日(日)22時01分3秒
  お返事その2(着順に)

●MIKA さんへ
すみません、面倒くさいのではなくて、サイト管理自体からまるっきり離れてしまっており、1年過ぎてやっと今メッセージを拝見致しました。
鹿といえばやはりフランス語で言う「ジビエ」、正に「狩りの収穫、野生動物の肉」なので、往々にして臭み(クセと言うべっかな)が強い、そして固い、というのが前提になりますね。
臭み・クセは、野ウサギやイノシシ肉同様、好み次第でとても美味しいものとも解釈できます。
寄生虫等の恐れがなければ鹿肉のステーキ、という、良い部分を選べば調理自体はとても簡単なものがあります。
フランスでは割と抵抗無く(そこらじゅうの肉屋で売っているほどまでには浸透していませんが)食べられる肉なので、色々なレシピがあり、ステーキにしてもエシャロットを炒めて小麦粉を加えたルーにしてトマトやブイヨンを加えたり、たまにはチョコレートソースなんていうのもあります。
グルメ・ガーデンのレシピを転用するなら、そうですね・・・ ベタですが、ブッフ・ブルギニヨンのビーフを鹿肉にする、というのが恐らく最も手っ取り早いと思います。
或いは鴨のラグー(パスタページにあります)、鴨とカブの煮込みなど、ワインを入れてコトコト煮込む(石油ストーブがあればその上に乗せておくと丁度よさそうな)料理が、各々似て非なり、時間はかかっても仕上がりはクセを押さえてご家族で楽しめるお料理になるかと思います。

●Tuna さんへ
はじめまして。
ウサギ肉レシピをお探しで、とは、日本以外にお住まいでしょうか。
ウサギならではのレシピもありますが、割とチキンと同じ感覚で使えるので、是非チキンレシピでも試してみて下さい。

●Mariko さんへ
はじめまして。
ようこそ、グルメ・ガーデンへ&ようこそパリへ!
フランスの地方都市(私の視点:以前10年ほど暮らしていたTours比ですが)に比べたら、パリは日本食在含めて外国食材のパラダイスですよ~。
逆に、国産食材のクオリティがまるでピンからキリまで、普通感覚のお財布を持って買い物に行くと、よくよく気をつけて選ばないと、という不利点もあります(土壌豊かな恵まれた地元食材環境に比べると)。
日本食在からまるで隔離されていた時期を過ごしてパリに移り住み、いざ和食材が手に入るとなっても、「今更面倒くさいな」となってしまって、インド食材・アラブ食材屋に入り浸っておりますが・・・
パリならでは楽しめる食材での新レシピを、今後の新レシピ追加の念頭に置いていますので、もしもまだパリにいらしてこちらをご覧でしたら、お役だて頂ければ嬉しいです。

http://www.franco-japonais.com/tomato/

 

お返事その1(着順に)

 投稿者:TOMATO  投稿日:2013年12月29日(日)21時59分58秒
  コメントをお寄せ下さった皆さんそれぞれへのお返事の前に : 「また」ですが、長らくご無沙汰してしまってすみません。
サイトに全く着手できないこと早1年以上、ファイルだけサーバ上に残した状態でおりました。
新年間近ですが、元旦の願掛け時期を待たずこの週末改めて少しずつ着手し始めました。
仕事とお出かけの合間を縫って、今後は「細々」ですが、復旧と更新、今度こそ取り組みます。
近況+しばらくの休憩の言い訳も含め、後々更新情報ページ辺りにでも記載しようかと思いますが、それはまた大分後になりそうです。
まずはサイトをもうちょっとちゃんとした形に戻さないと!


まずはお返事その1(着順に)

●Elena さんへ
はじめまして。 細かい解説をありがとうございます。
一般的な話になりますが、国に限らず、例えばロシアのものならば、本場ロシアから見て外国に当るフランスも日本も、実際に存在するレシピ及びそれに基づく品の解釈に誤りがあるということは多々あるのでしょうね。
お寿司に甘~い醤油をつけて食べるフランス人のいかがわしい解釈などもしかり。
折角頂いたご説明、後ほど「ブリニス(ブリンチキ)」のページに転記させて頂きます。
レシピをご覧下さる方への修正+説明としてご覧頂ければと思います。
末筆ながら、日本語、大丈夫ですよ、ちゃんと分かります。言葉の完璧さもある意味大事ですが、主たる目的はコミュニケーションを成立できることなので、その点では完璧! ;-)

●ELIM さんへ
手作り香水ですか、いいですね~。
我流の調合をして世界にひとつのパルファムを作る、なんて、やってみたいものです。
それ以前にエッセンシャルオイルを作る装置でも作れないかなぁと、かれこれ数年、「やろう!」には至らぬまま考えあぐねております。
>体重計に乗るのが怖い : うぅぅぅ・・・ 私は体重計のことを「嘘つき」と呼んでおります。

●陽だまり さんへ
料理にまつわる食材・ハーブ等々、好きなものが大分繋がり絡んでいるので(全く違うジャンルに飛んでいるものもありますが)、お料理以外の検索でお越しになる方もしばしばいらっしゃるんですね。 嬉しいです。
1年以上過ぎてのお返事、今更遅いかもしれませんが・・・
もしもまたお越しくださっていましたら、こちらこそどうぞよろしくお願い致します。
お姉さまの個展とは、どういったジャンルのものなのでしょう?

http://www.franco-japonais.com/tomato/

 

初めまして!

 投稿者:K.Y.  投稿日:2013年 8月 3日(土)23時43分18秒
  野草のこと調べていたらこのサイトにばったり辿り着きました。
とても勉強になります^^
今度、庭のスベリヒユ使ってみます
 

レンタル掲示板
/21